テレクラ三昧の日々

毎日、毎日テレクラに通ってセフレ量産していました

大阪に就職して数年が経ったある日

 

たしか22歳くらいだったかな、

 

先輩から面白い所あるから行くか?と言われついていったらテレクラだった!

 

テレクラとは?

 

テレクラ三昧の日々

 

テレクラとは現在は数少なくなっているが昔は相当な数のテレクラが存在した、

 

女性が自宅や外出中に女性雑誌やポケットテッシュに載っているテレクラ業者の番号に電話をすると

 

男性が待つテレクラの店舗に電話が鳴り、それを早い物勝ちで電話の受話器を上げて女性と会話するシステムだ

 

テレクラの店舗によっては順番に女性からの電話を回してくれる優しい業者もあった。

 

金額は確か1時間2千円くらいだったと思う。

 

初めていった所は超激戦区で電話が鳴ったと同時に受話器を上げても

 

隣の男に取られて、まったく話をするとこすらできなかった思い出がある。

 

「トルゥゥゥゥゥゥゥ〜♪」

 

 

「ガチャ!」

 

 

『もしもし!』

 

 

「プー、プー、プー」

 

テレクラ三昧の日々

 

みたいなwww

 

 

隣から楽しいそうな声が聞こえる
隣の男が電話を取ったのだ‥

 

 

テレクラの壁は薄かったから
よく隣の男の話声が聞こえてたので
話術を勉強させてもらったwww

 

当時、会社の先輩はテレクラでセフレを量産していた

 

 

毎日とっかえ引き換え女を変えてSEXしていた

 

 

完全にプロの領域だww

 

 

よく通っていたテレクラで転送サービスというのがあって

 

 

夜24時を回ると店が閉まるので24時〜朝の10時まで自宅に電話を転送してくれるサービスだ

 

 

24時を過ぎて女の子がテレクラに電話をすると先輩の家に電話が鳴る

 

 

24時から夜中の2時くらいまではひっきりなしに電話が鳴るんです

 

 

3時〜8時くらいまでは魔の時間‥全然電話が鳴らないwww

 

 

鳴っても1時間に2回くらい‥

 

 

料金は24時〜10時で7000円くらいだったと思う

 

 

5人くらいで割り勘でやってた

 

 

24時に全員でジャンケン!

 

 

テレクラ三昧の日々

 

 

先ず最初に電話を取る順番を決める

 

 

それからは順番に電話を取っていく

 

 

間違い電話、悪戯電話もカウントに入るシステムでやっていた

 

 

電話の制限時間は自由で、いかに相手の電話番号が聞けるかがポイントだった

 

 

先輩は絶対に相手の番号を聞かないと会いにいかなかった

 

 

僕は女の子と喋っていて番号を聞けなくて待ち合わせしても会いに行っていた

 

 

先輩は「絶対にサクラやから止めとけ!」と僕に散々言うが

 

 

僕はなぜか電話で話込むと情が入り必ずあの子は来る!と心に信じ会いに行ってしまっていた

 

 

まぁ〜まったく来ないけどねwww

 

 

2時間くらい外で待ってた事もあったなw

 

 

そんな感じで24時から朝10時まで

 

 

電話を取る→会いに行く→失敗で帰ってくる→電話を取る

 

 

みたいな感じで順番に遊んでました

 

 

電話番号を聞けると100%会えてほぼSEXはできたが

 

 

テレクラ三昧の日々

 

テレクラ三昧の日々

 

 

中には会うといきなり「免許証コピーさせて」とかいたなwww

 

 

ふざけんな!ってすぐ帰ってきたけど

 

 

当時はもっぱらカーSEXだった

 

 

車の窓に可視光線透過率1%のフイルムを2枚重ねに貼り

 

 

外からは見えないが中からも見えないwww

 

 

さらにその上からカーテンをしていた

 

 

待ち合わせは女の子の最寄駅とかコンビニが多かった

 

 

会ったらコンビニで紅茶を買ってあげて

 

 

そのままドライブって言って

 

 

近くの景色の綺麗な場所に連れていき

 

 

SEXまで持っていく流れだ

 

 

相手も割り切ってるので100%できた

 

 

当時はまだ若かったから相手は40代のおばちゃんも結構いたから

 

 

おばちゃんの場合は口で抜いてもらっていたwww

 

 

テレクラ三昧の日々

 

 

1年で50人以上はセフレ量産できたと思う!

 

 

こんな糞女もいた!

 

ある時カードタイプのテレクラ、ツーショットカードで遊んでいた

 

 

いちいちアナウンスで「あなたの残りポイントは5ポイントです」

 

 

テレクラ三昧の日々

 

 

とか言ってくる5ポイントで何ができるんだよ!って思っていたら

 

すぐにテレフォンセックスの女の子が電話に出た

 

テレクラはテレフォンセックスの女の子も多い

 

 

テレクラ三昧の日々

 

 

本当にしているのかサクラだから時間稼ぎでやっているのかは謎だが

 

僕はそのテレフォンセックスの女の子に喋り続けたwww

 

女「あ〜ん、ああ〜」

 

僕「もしもーし」

 

女「あ〜ん、は〜ん‥」

 

僕「僕ですよ〜♪」

 

僕「1人で何してるんですか〜?」

 

そんな感じでずっと喋り続けた、すると

 

女「自分おもろいな〜」「気に入ったわ」

 

よっしゃ〜っと思ってポイントが無いことを伝え電話番号を聞き出す

 

女「ええよ〜」「かけてきて」

 

早速電話をかけると本当に女が出た

 

女は僕の2つ上で声も超可愛い

 

電話番号も聞けたし鉄板でセックスができると思っていた

 

女は尻と足にタトゥーを入れていて乳首とクリトリスにピアスを開けているという

 

 

テレクラ三昧の日々

 

 

僕の興奮は最高潮に達していた

 

僕「今から会いに行っていい〜?」

 

女「ええよ〜♪おいでや♪気持ちいい事いっぱいしよ♪」

 

聞くと女の家は僕の自宅から車で2時間くらいかかる所にある

 

明日も仕事だがこんなチャンスは逃す訳にはいかない

 

道中もずっと携帯で話をしている

 

こんなセックスが好きだとか、攻めて欲しい場所とか

 

運転中も僕はフルボッキ状態www

 

太ももに我慢汁が垂れるほどだ‥

 

通話時間も2時間をすぎ

 

当時の通話料はハンパなく高いwww

 

女「次の踏切を右に曲がって」「その先にファミマがあるやろ?」

 

僕「あるある〜♪」「もう近いの?」

 

そんなやり取りをしていたら住宅街が見えてきた

 

マンションが沢山立ち並ぶ住宅街だ

 

女「じゃあそこでクラクション鳴らして」

 

僕「わかった♪」

 

 

テレクラ三昧の日々

 

 

と、クラクションを鳴らす「プー!プップー!!」

 

すると女が

 

女「うわぁ!きしょ!ホンマにきやがった!」

 

 

「ガチャ!」電話を切られた!

 

 

すぐさまかけ直しても着信拒否されている

 

 

おいおい嘘だろ!?

 

 

車で2時間て相当な距離だぞ!

 

 

往復4時間だぞ!

 

 

怒りの矛先を当てれる場所がない

 

 

「うぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!」

 

 

車の中で叫ぶしかなかった‥

 

 

僕のテレクラ史上最悪の出来事だった‥

 

 

 

 


トップ 社会人サークル 社会人サークル体験記 出会い系サイト 出会い系サイト体験記 読者の体験談